コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JTC 日本交通技術株式会社

ホーム > 実績紹介 > その他

実績紹介

その他

阿佐海岸鉄道 阿佐東線 DMV導入検討(道路走行時)

DMV1の画像
  • 名称
    阿佐東線DMV導入に伴う施設計画検討業務
  • 所在地
    徳島県、高知県
  • 特徴
    DMVはDual Mode Vehicle(デュアル・モード・ビークル)の略で、道路とレールの両方を走行可能な新しい形態の交通機関。
  • 写真提供
    徳島県(平成24年2月 デモンストレーション走行)
    掲載写真は、阿佐海岸鉄道のDMV導入時に供される車両とは異なり、参考として車両のイメージを示すために掲載した。

阿佐海岸鉄道 阿佐東線 DMV導入検討(線路走行時)

DMV2の画像
  • 名称
    阿佐東線DMV導入に伴う施設計画検討業務
  • 所在地
    徳島県、高知県
  • 特徴
    DMVはDual Mode Vehicle(デュアル・モード・ビークル)の略で、道路とレールの両方を走行可能な新しい形態の交通機関。
  • 写真提供
    徳島県(平成24年2月 デモンストレーション走行)
    掲載写真は、阿佐海岸鉄道のDMV導入時に供される車両とは異なり、参考として車両のイメージを示すために掲載した。

相模鉄道 横浜駅ホームドア

相模鉄道横浜駅ホームドアの画像
  • 名称
    ホームドア(相模鉄道 横浜駅)
  • 所在地
    神奈川県横浜市
  • 特徴
    相模鉄道線の起点駅である横浜駅は、同路線内で最も乗降人員の多い駅(1日平均乗降人員が約42万人)。
    安全対策としてホームドアを設置するため、ホームスラブの安全性の検証を実施。

トンネル緩衝工

トンネル緩衝工の画像
  • 名称
    上野SS出口側緩衝工(手前)
  • 所在地
    北海道上磯郡木古内町
  • 形式
    トンネル緩衝工
  • 主要寸法
    14.2m×22.0m
  • 特徴
    新幹線と在来線の共用区間に設置した鋼製トンネル緩衝工である。
  • 名称
    大谷地雪覆工(奥)
  • 所在地
    北海道上磯郡木古内町
  • 形式
    分岐用スノーシェルター
  • 主要寸法
    全長86.0m(17.9m×61.0m+0.5m+20.1m×24.5m)
  • 特徴
    共用区間からの分岐部に設置した鋼製スノーシェルターである。

函館新幹線総合車両所

函館新幹線総合車両所の画像
  • 名称
    函館新幹線総合車両所
  • 所在地
    北海道亀田郡、北斗市
  • 特徴
    新函館北斗駅の手前2km付近に位置し、新幹線車両の留置や日常点検に加え、大規模な検査や修繕を行う工場設備を有する新幹線総合車両基地である。

TX総合基地(守谷)

TX総合基地(守谷)の画像
  • 名称
    つくばエクスプレス総合基地
  • 所在地
    茨城県守谷市
  • 特徴
    軟弱地盤上に盛土補強土擁壁で車両基地を造成し、同基地内の配線および車両の各種検査に必要な構造物も設計。
  • 写真提供
    首都圏新都市鉄道株式会社