コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JTC 日本交通技術株式会社

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 鉄道構造物の設計

採用情報

鉄道構造物の設計

平田さん写真

設計二部第四設計課
平田 真未(2009年入社) 
【出身】宮崎大学 工学部土木環境工学科 卒

これが私の仕事

鉄道構造物の設計
新設構造物設計のための条件整理をしています。新設構造物の建設が減少している中、条件決めの段階から設計まで携われることができ、やりがいがあります。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

前例のない構造物の設計で、構造成立案にたどり着いたとき
5年目の時の、大規模地下構造物の設計です。前例のない構造物で、設計方針も定まっていない状態でした。その状況の中で上司と試行錯誤し、10ケース以上の検討を繰り返したところ、構造を成立できる案にたどり着きました。その設計が終わった時は、大きな達成感を感じました。構造物の設計は、設計標準に準拠することが大前提なのですが、標準に載っていないことがらに対して、いかに自分なりに解釈し、適切な解を導いていくかがやりがいだと思っています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

職場環境に魅力を感じた
就職活動では、建設コンサルタントの企業を訪問しました。少人数の会社から大人数の会社まで、積極的に説明会に参加しました。この会社に決めたのは、説明会の際の雰囲気が良かったことです。説明会では、先輩社員により業務内容等を丁寧に説明してもらえました。また、社員の方々の仲も良く、アットホームな雰囲気に惹かれました。
業務内容に関してですが、鉄道業務に特化し、全国各地の鉄道整備事業に係わっており、地元の駅等の構造物の設計に携わっていたと聞いて親近感を感じたのも理由の一つです。

これまでのキャリア

九州支店技術課(4年) → 本社設計部(現職・今年で10年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

働き始めると1日の大半を会社で過ごすことになるため、職場環境は大事だと思います。自分のやりたいことができ、長く働いていける会社かどうか、見極めてください。先輩と話す機会が選ぶ時の決め手になりました。あせらずに、納得いくまで自分の会社を探してください。