コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JTC 日本交通技術株式会社

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 鉄道構造物の設計業務

採用情報

鉄道構造物の設計業務

立石さん写真

大阪支店技術第二課
立石 皓太(2017年入社)  
【出身】日本大学 理工学部交通システム工学科 卒

これが私の仕事

鉄道構造物(整備新幹線)の設計業務
今行っている仕事は整備新幹線の土木構造物(高架橋や駅部)の設計です。本格的に携わるようになってからまだ9ヶ月程度ですが、今行っている計算や解析結果を元に、新幹線が作られると考えるとやりがいを感じます。設計において耐震検討の際、解析を行うモデルを作成し、結果がNGとなることが多々あるのですが、修正した箇所が思ったとおりに改善されOKとなったときが一番うれしいです。覚えることが多く、追いつくことにも一苦労ですが、自分のちょっとした成長でも感じられるのが魅力です。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分が作成した作業を元に進んでいく
設計の業務においては発注者の要求に対し、すばやく、正確で、臨機応変な対応が求められます。工事の関係で既存の線形(列車が通るルート)が変更となった際、その変更案の作成を任され、上司に相談しながら図面を作成しました。勾配の配置や桁下の空頭が十分であるかを確認しながらの作業には苦労しましたが、その図面を元にラーメン高架橋やPct桁を作成するので、自分の考えた内容が他の成果品にも反映されていることに喜びを感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

ここが好き 自分が抱いていた興味を社会に活かせる
大学では交通と土木や交通インフラの重要性を学び、それを活かせる仕事に就きたいと思っていました。この会社の業務内容は鉄道の設計に特化しており、企業説明会で見せていただいた設計例から技術力も持っていることを実感できたからです。先に述べた整備新幹線の業務に1年目から携わらせてもらえることも魅力のひとつだと思います。また、仕事をしていく中で難しいことや間違えてしまうことも少なくないですが、担当の上司を含め、先輩社員にもフォローをいただくことができ、人の良さもこの会社の魅力であると入社してから気がつきました。

これまでのキャリア

大阪支店 技術課(現職・今年で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

学校やネットでさまざまなことを見たり聞いたりすると思いますが、その中で少しでも興味を持った企業へはためらわず企業説明会へ参加することが重要だと思います。 
担当者や先輩社員に志望動機ややりがい、大変なことなどを聞いて、入社後の自分をイメージした上で、会社を比べることができれば有意義な就職活動になると思います。